富山店へお問い合わせ
雨漏りの修復工事は難しく大工さんや住宅会社でも解決するのは簡単ではありません。大切な住宅の補修工事を知らない業者に任せるのも不安なものです。雨漏り110番富山店のお客様も、みなさん大きな不安を抱えていらっしゃいましたが「試しに連絡してみて良かった!」のお声を本当に多く頂きました。
雨漏りは知らず知らずの内に大切な住宅を蝕んで行きます。少しでもシミやはがれを見つけたら、まずは「無料の現地調査」から!しつこい営業は致しません。お気軽に雨漏り110番富山店にご連絡ください。富山県内対応致します。
110番富山お客様の声

富山市大泉町 ベランダ改修防水工事

世間はGW後半ですが、当社は動いております。
というか、私 中陳はGW中も動いていましたが。

とにかく今年は暴風もさることながら
普通の日でも風が強いです。
とにかく毎日、建物の暴風被害と強風被害の問い合わせがあります。
板金や瓦だけじゃない、防水も捲くれあがっているのですから。
来週月曜日は防水の現場調査になります。

さてさて、写真は富山市大泉のベランダ改修防水工事です。
アルミ手摺架台を外せず、手摺架台を防水で巻き込んで
手摺足元に水抜きを設置した、高技術の手間のかかる現場でした。
アルミ手摺架台は、手摺支柱が空洞であり
手摺繋ぎ目から雨水が、手摺支柱に侵入するので
必ずその処理をしないと、手摺足元の架台周りで防水が膨らみます。

雨漏り110番グループでは、全国のメンバーで日ごろから技術会議を開いて
技術の情報交換や、施工の相談をしております。
今回の現場の施工方法も、技術会議で施工方法を相談しました。
え?どうやってって

現代はFBなりPCなりで、どれだけでもダイレクトにやり取りできるのです
 
雨漏りブログ16,5,7

今回は特に富山市内 5月3日の屋根や外壁の暴風対応に大忙しです。。。

おはようございます。

さてさて、どうしたものでしょうか?
富山県内は4月17日の暴風に引き続き、今度は5月3日に暴風と
屋根屋さんや、外装屋さんは対応に追われています。。。(汗)
それも二つとも休みの日に。。。(涙)

ウチも例外ではなく、暴風対応に追われています。
4月17日の暴風の対応が何となく一段落してからの
5月3日の暴風ですので、引き続いているような状態ですかね。

4月17日は県内全域みたいでしたが、5月3日は特に富山市内が
多い感じです。
昨日の朝一は大沢野方面でしたが、大沢野は酷い状況でした。
富山市内でも、大沢野や八尾方面の強風がよく吹くところが
特に被害が酷かったようです。

おそらく屋根なので気がついていない方々も、沢山いらっしゃると思うので
ますます、問い合わせが増えるのではないかと思われます。
気を引き締めていきますよ。

富山市岩瀬 医療基幹施設、雨漏り修理 屋上防水工事

おはようございます。

今朝は、風もなく穏やかな天候です。
いつもこんな天候なら、作業のほうもやりやすいのですが。
工事部隊は、明日から5日までGWに入るので
GW前までに完了しなければいけない工程のため
早速、準備して出動していきました。

明日から5月です。
5月には初めての「
雨漏り110番グループ中部ブロック会議」が名古屋であります。
雨漏りでは全国でも先駆者で、業界では技術力と知名度の高い唐鎌代表率いる「雨漏り110番グループ
も現在40数店舗になり、中部ブロックでも増えてきて5月の会議となりました。
その日も、滋賀、岐阜県高山市、石川県金沢市、愛知県名古屋市と加盟希望の会社の面談があります。
中部圏の会社も3社増える予定ですので、今後中部ブロックも活発になりそうです。

さてさて、写真は富山市岩瀬の医療基幹施設の、雨漏り修理の屋上防水工事です。
この医療機関さんからは、ずっと施設の外装の改修工事を依頼されています。
最初の工事が、誰もが雨漏りを止めれない難解な雨漏り修理でした。
工事中も、幾度と無く散水調査をしたり、壊しては検証とかなり手こずった雨漏り修理でした。
それ以後、ずっと施設の外装の改修工事の依頼をいただいております。


雨漏りブログ16,4,30
 

富山市千成町 雨漏り補修、シーリング工事

今日、天気予報では雨だったのですが
良い方向で予報が外れた感じです。
連休初日ですから、世間の人たちには良かったのではないでしょうか。
昨日のブログで「雨漏り注意報」を発信したのですが
今日の天候では雨漏りもなかったでしょう。

さてさて、そんな儲け物の天候になった連休初日の
我々雨漏り修理業者や、建物の外装に関わるものはというと。。。

4月17日の暴風対応で、今だ大忙し!!連休どころではありません。
工事部隊は5月1日から休みですが
現調部隊は休みなしの状況ですので、お気軽に連絡くださいませ。


写真はこれまた工事は完了している
富山市千成町雨漏り補修、シーリング工事です。
モルタル外壁で、元々サッシ周りにシーリングが施工されていない建物です。
モルタル外壁は年数が経つと乾燥収縮して、サッシ廻りとモルタル外壁の間で隙間が開きます。
ですから事前にサッシ廻りにシーリングを施工するのですが
当然、シーリングを施工していないとそこから雨漏りする可能性が高くなります。


雨漏りブログ16,4,29


雨漏りブログ16,4,29



 

富山県内の皆様 4月17日の暴風により、屋根の不具合が沢山おきております!今日と明日の雨は、雨漏り注意報です。

おはようございます。

昨日のブログでも書いたのですが
ウチの事務所の屋根の棟瓦もそうなのですが
屋根瓦の棟の崩れや、ずれが多く発生しています。

これはほっておくと、棟の中の土が抜けて
雨漏りの原因になりますので
気になる方は、早めの点検をしたほうが良いでしょう。

当店も暴風対応で動いていますので
お気軽にご相談ください!!
雨漏り110番富山店へお問い合わせ
富山県の対応エリア 朝日町(下新川郡)、射水市、魚津市、小矢部市、上市町(中新川郡)、黒部市、高岡市、立山町(中新川郡)、砺波市、富山市、滑川市、南砺市、入善町(下新川郡)、氷見市、舟橋村(中新川郡)富山県内全域
満足度90%以上のお客様の声
雨漏り110番のサービスラインアップ
ホームへ
お客様の声
ニュース
雨漏り110番富山ガイド
サービス内容・料金
施工事例
Q&A 良くある質問
雨漏り隊ブログ
運営者について
雨漏り110番本部
工事の流れ
安心の保障制度
対応エリア

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS