富山店へお問い合わせ
雨漏りの修復工事は難しく大工さんや住宅会社でも解決するのは簡単ではありません。大切な住宅の補修工事を知らない業者に任せるのも不安なものです。雨漏り110番富山店のお客様も、みなさん大きな不安を抱えていらっしゃいましたが「試しに連絡してみて良かった!」のお声を本当に多く頂きました。
雨漏りは知らず知らずの内に大切な住宅を蝕んで行きます。少しでもシミやはがれを見つけたら、まずは「無料の現地調査」から!しつこい営業は致しません。お気軽に雨漏り110番富山店にご連絡ください。富山県内対応致します。
110番富山お客様の声

高岡駅近くテナントビル、雨漏り防水工事

 テナントビルの雨漏りです。

テナントさんの天井に雨ジミの跡があります。

雨漏り富山施工事例        雨漏り富山施工事例


上にあがってみました。

上は押さえコンクリート床のベランダです。

ヒビ割れが至る箇所にあります。

雨漏り富山施工事例        雨漏り富山施工事例


天井に点検口があり、天井裏を覗いてみました。

ベランダスラブの裏のコンクリートがかなり白華現象を起こしています。

雨漏り富山施工事例





工事開始です、まずは床スラブの洗浄です。       

雨漏り富山施工事例        


数日乾燥期間をとり乾燥した状態を確認してから防水工事にとりかかります。

まずはプライマーを塗ります。

雨漏り富山施工事例



プライマーが乾燥してからガラスマットにFRP防水ポリエステル樹脂を浸透させながら貼り付けて
いきます。

雨漏り富山施工事例        雨漏り富山施工事例




雨漏り富山施工事例

  仕上げを綺麗にするためグラインダーをかけます






雨漏り富山施工事例

  さらに気になるところはペーパーがけを



下地がきれいになったところで仕上げにかかります。

雨漏り富山施工事例        雨漏り富山施工事例



FRP防水の仕上がりです。

雨漏り富山施工事例        雨漏り富山施工事例

モルタル外壁、ヒビ割れからの雨漏り

雨漏り富山施工事例 
 窓枠の上です、雨漏りした跡があります。

 外壁はモルタルです、築15年くらいと聞いております。
 
 

窓の外にでてみました。


雨漏り富山施工事例  
  窓の上のモルタル壁の亀裂誘発目地が割れていま
  す。

  モルタル壁は基本的に90cm間隔で目地を作ります
  モルタルは乾燥して収縮します、その収縮の負担を
  目地に誘発します、動きが目地に集中して割れるの
  です。

  モルタル壁の雨漏りで多い原因のひとつです。
  


雨漏り富山施工事例
  窓の上に庇があるのですが、そのすぐ上にもヒビ割れ
  が確認できます。


  


雨漏り富山施工事例
  さらに目地の上に幕板がありました、幕板の継ぎ目
  幕板下とモルタル壁取り合いの隙間、これもよく雨漏り
  の原因になるポイントです。




すべてシーリングで補修しました。

その後半年くらい経ちますが再度雨漏りしたという連絡はありません。

いずれ外壁を全塗装するつなぎの補修だということで、わずかな金額で補修できたと

施主さんは喜んでおられました。

雨漏り富山施工事例       雨漏り富山施工事例

雨漏り富山施工事例



ブロック造の建物、雨漏り工事

雨漏り富山施工事例、ブロック造      雨漏り富山施工事例、ブロック造

雨漏り富山施工事例、ブロック造 ブロック造の築30年以上たった住宅の内部です。

 内壁を落としてブロックを剥き出しにしました。

 内部からの写真撮影ですが、ブロックは外壁の
 役割も担っています。

 ブロックの目地に雨水が滲みています。

富山雨漏り施工事例  
 ベランダのドレン下廻りの状態です。

 ドレン廻りに不具合がおきているか、ベランダの床
 スラブのヒビ割れから雨水が滲みているかで
 軒裏廻りの塗装が剥離しています。


富山雨漏り施工事例 

 造作のトップライトです。

 今の建物では見かけない作りのトップライトです。
 ガラスが割れているので、これの取替え依頼も
 頼まれました。






富山雨漏り施工事例 工事が始まりました。

 FRP防水を施工するためにまず高圧洗浄して
 水洗いします。

富山雨漏り施工事例 富山雨漏り施工事例
      ガラスを取り外します。             取り外した状態です。

富山雨漏り施工事例 下地処理です。

 下地の不陸や大きいヒビ割れに専用のパテを塗りこみ
 ます。

富山雨漏り施工事例 プライマー塗りです。

富山雨漏り施工事例 富山雨漏り施工事例
    ポリエステル樹脂をガラスマットに滲み込ませながら貼っていきます。

富山雨漏り施工事例 トップコートを塗る前に、雨仕舞いの心配なところにシー
 リングをします。

富山雨漏り施工事例 造作トップライトのガラスも取替えました。
 
 ガラスを土台にのせる前に1次防水のシーリング
 のせてからトップコートを塗ってから、外側を2時防水の  
 シーリングをして雨漏りしないように厳重に処置します。

富山雨漏り施工事例 グラインダーで施工面をなだらかに処理してからトップ
 コートを塗ります。
 
 トップコートは防水層を保護して長持ちさせる役目を
 果たします。


雨漏り富山施工事例     雨漏り富山施工事例

ベランダのFRP防水が仕上がりました。我ながら綺麗に仕上がりました、満足です!






雨漏り富山施工事例     雨漏り富山施工事例

タイルのサッシ廻りもシーリングで防水処理しました。
タイルの目地材は水を吸い込みますので、しっかりとサッシ廻りに防水処理してないと雨漏りします。

雨漏り富山施工事例 
 シーリング防水処理の仕上がりです。

 建物内のサッシの下には雨漏りの跡がありました。





雨漏り富山施工事例 最後の工事は外壁の防水目的の塗装です。

 構造はブロック造です、ブロック同士の間には目地材
 が詰めてあります、目地材は水を吸い込みます。

 散水検査をしました、目地材が水を吸い込んでいる
 状況です。
 

雨漏り富山施工事例     雨漏り富山施工事例

防水性のある塗装をローラーで施工しています。

雨漏り富山施工事例     雨漏り富山施工事例

施工完了です。

狭い所で、施工が大変な場所でしたが塗膜の厚みも充分にとれました。

納屋の雨漏り補修、雨樋マスの取替え

雨漏り富山納屋の雨漏り90歳以上のご夫婦が二人でお住まいの納屋を雨漏り補修してきました。
お二人が生活するうえで都合が悪いところだけ補修してほしいというご依頼です。

納屋のなかに雨水をうけるタライが置いてありました。

雨漏り富山納屋の雨漏り納屋の出入り口の上です。
雨樋マスを新しいものに取り換えました。

本来このような谷を作ってしまう屋根はおかしいのですが。
とりあえず数年雨漏りが止まれば良いとのことですので、雨漏りの原因となっている谷の悪いところをシーリング処理して水を流してみました。

雨漏り富山納屋の雨漏り雨漏りは止まったみたいですし、雨樋マスも水漏れせずに流れています。

工事完了後、旦那さんに休憩に誘われてお茶をいただきながら昔話(戦時中の話や大学の近くですので昔の学生と現在の学生など)を聞かせてもらいました。感謝です



シーリング切れの補修

外壁が窯業系のサイディング貼りの木造住宅が雨漏りしました。
1Fのサッシから雨漏りしたようで、確認するとサッシ上のシーリングが切れていました。
ご予算が少ないのでサッシ廻りのシーリングの悪いところを補修して様子をみたいとのご依頼です。


切れているシーリングを切り取りました。
シーリングの3面接着を防ぐためのハットジョイナーが現れました。
シーリングは左右のサイディング2面に接着してサイディングの膨張収縮に追従してこそ、その勤めを果たしていることになります。



サイディングが下にさがってサッシ上のシーリングが押し潰されています。
雨風や日光もよく浴びる所ですのでシーリングの劣化が進んでいます。

雨漏り110番シーリング切れの補修劣化が激しいのでサッシの上のシーリングも全部切り取りました。

雨漏り110番シーリング切れの補修シーリングの打ち込みです。

雨漏り110番シーリング切れの補修打ち込み完了です。



その後は現在のところ雨漏りしたという連絡はありません。

誰でも大切な住まいは長持ちさせたいとお考えでしょう。雨漏りしていなくても外壁が窯業系サイディング貼りのお住まいしている方はよくチェックされたほうがよいと思います。

窯業系サイディングはシーリングの切れや塗装の剥がれがあると、そこから雨水を吸いこみサイディングを腐朽させます。富山県では冬場の凍害(窯業系サイディングが水分を含んだ状態で気温が氷点下にまで下がると、その水分が凍結してサイディングの腐朽を進める現象)も心配されるのでよくチェックして早めのメンテナンスをお勧めします。
雨漏り110番富山店へお問い合わせ
富山県の対応エリア 朝日町(下新川郡)、射水市、魚津市、小矢部市、上市町(中新川郡)、黒部市、高岡市、立山町(中新川郡)、砺波市、富山市、滑川市、南砺市、入善町(下新川郡)、氷見市、舟橋村(中新川郡)富山県内全域
満足度90%以上のお客様の声
雨漏り110番のサービスラインアップ
ホームへ
お客様の声
ニュース
雨漏り110番富山ガイド
サービス内容・料金
施工事例
Q&A 良くある質問
雨漏り隊ブログ
運営者について
雨漏り110番本部
工事の流れ
安心の保障制度
対応エリア

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS