富山店へお問い合わせ
雨漏りの修復工事は難しく大工さんや住宅会社でも解決するのは簡単ではありません。大切な住宅の補修工事を知らない業者に任せるのも不安なものです。雨漏り110番富山店のお客様も、みなさん大きな不安を抱えていらっしゃいましたが「試しに連絡してみて良かった!」のお声を本当に多く頂きました。
雨漏りは知らず知らずの内に大切な住宅を蝕んで行きます。少しでもシミやはがれを見つけたら、まずは「無料の現地調査」から!しつこい営業は致しません。お気軽に雨漏り110番富山店にご連絡ください。富山県内対応致します。
110番富山お客様の声

富山市安野屋 住宅ベランダからの雨漏り

おはようございます!

週間天気予報をみていると、今週梅雨明けしそうな感じですね。

って、今朝も朝から暑いですから実質は梅雨明けしているでしょう。

梅雨明けすると屋上や屋根の工事は大変になります。

日光を遮るものが殆ど無いですから、直射日光がまともに当たります

ので大変な作業になります。

管理側としてもその辺を考慮して

工事予定と組んでいかないといけません。

本日も屋上防水が2件と、屋根瓦工事が1件動いています。

 

写真は富山市安野屋で住宅ベランダの雨漏り

勾配調整をするための左官工事です。

左官工事は先週の土曜日に完了して、本日防水工事です。

 

雨漏りブログ16,7,19

富山市問屋センター内 社屋屋根 屋上防水工事

最近ゲリラ豪雨が多く、雨漏りの問い合わせも多くなっております。

今日のニュースでも関東のほうで、かなり酷い雨が降っていました。

あまりの急な大雨により、排水のキャパがオーバーして

マンホールの蓋が跳んだり、排水のグレーチングから排水が噴出したりと

あれくらいの雨だったら、普段雨漏りしない箇所でも雨漏りしますから

逆にその後の現場調査で中々分からないかもしれません。。。(汗)

 

私、中陳もこの仕事に携わって29年になりますが

年々、雨の降り方が激しくなってきています。

やはり環境破壊による異常気象なのですかね〜

そんなことを年々思うようになってきます。

 

さてさて、明日も2件の雨漏り調査と忙しいですが

工事のほうも着々と進めております。

 

写真は、富山市問屋センター社屋屋上の防水工事です。

問屋センターの屋根はちょくちょく工事をしております。

少し離れていますが、問屋センターで別の社屋屋上のお見積りを

2〜3日前に提出して現在返事待ちです。

ゲリラ豪雨もまだまだあると思うので、いつ問い合わせがきてもいいように

現在の現場をコツコツと進めていきますよ。

 

雨漏りブログ16、7,15雨漏りブログ16、7,15

高岡市石瀬 OB客様 雨漏り修理 外壁板金工事、シーリング工事

おはようございます。

今朝も梅雨真っ盛りで雨模様です。

 

昨日は雨が降らない予報でしたが

午後から急な雨の予報に、急遽防水工事の予定をストップ。。。

雨が降りそうな感じじゃない、正午ごろの判断でしたから

英断と言えば英断なんですけどね〜

まぁ〜、予定が進めにくいと言えば進めにくいですね〜、今年は。。。(汗)

 

さあさあ、写真は高岡市石瀬のOB客様依頼の、外壁板金工事と雨漏りシーリング工事です。

工事は完了して、雨漏りがシッカリ止まっているかの散水確認も完了して

あとは、足場解体を解体して完了です。

 

雨漏りブログ16,7,9

富山市東中野 散水調査

今日の予報は途中から雨でしたから

今まで雨が降らなかったのは儲けもんです。

屋上防水部隊も活動していますからね。

 

しかし今日は風が強いですね〜。

この後こそ雨が降ってくるでしょうから

強風雨になる恐れがありますね。

風を伴う雨は最近あまり降ってないですから

久しぶりの雨漏り注意報ですかね。

 

それと暑い!!

36℃だって(汗)。。。

やはり今年は猛暑ですかね〜?

7月始めからこれじゃまいります。

 

 

さてさて、写真は猛暑期にはとっても嬉しい散水調査です。

少しくらい自分に散水しても気持ちいいくらいですからね。(笑)

 

場所は富山市東中野で、築8年で雨漏りし始めて5年

今まで散水したものの、一度も雨漏り再現できず

当然、雨漏りも止まらずでウチに依頼がありました。

 

約1時間30分くらいで雨漏り再現しました。

1年に1〜2回の雨漏りですから

そのような、あまり雨がかからないヶ所からの雨漏り再現でした。

 

雨漏りブログ16.7.2

 

雨漏りブログ16.7.2

 

立山町浅生 サンルーム屋根ポリカの雨漏り シーリング工事

うーん、梅雨ですからね〜

仕方ないのですが、相変わらず予定が組みにくいです。。。

 

って、前回のブログで愚痴は言わないって言ってたんですけど。。。(苦笑)

明日は一日晴れるらしいので、有意義な工程を組みたいと思います。

 

 

さてさて、写真は立山町浅生の屋根ポリカの雨漏りです。

シーリングで雨漏り補修を施工しました。

現調で、オキシムタイプのシリコンでポリカの雨仕舞いヶ所を

シーリングしてあったり、変性シリコンで補修してあったりしました。

なぜこのようなことを書くかというと

ポリカはアルコールタイプのシーリング材でないと、剥離してしまうからです。

当然、剥離してしまうと雨漏りしてしまいますよね。

 

よく簡単に「シーリングすれば雨漏りが止まる」と安易に補修方法を決めたり

補修したりしている話を聞きますし、現調しにいったときでも

そのような補修を見ます。

ですが、たとえ補修でもシッカリした知識の元

正しい材料で正しい方法で施工したいものですね。

分かられずともプロとしてはね。

 

雨漏りブログ16,6,30

雨漏り110番富山店へお問い合わせ
富山県の対応エリア 朝日町(下新川郡)、射水市、魚津市、小矢部市、上市町(中新川郡)、黒部市、高岡市、立山町(中新川郡)、砺波市、富山市、滑川市、南砺市、入善町(下新川郡)、氷見市、舟橋村(中新川郡)富山県内全域
満足度90%以上のお客様の声
雨漏り110番のサービスラインアップ
ホームへ
お客様の声
ニュース
雨漏り110番富山ガイド
サービス内容・料金
施工事例
Q&A 良くある質問
雨漏り隊ブログ
運営者について
雨漏り110番本部
工事の流れ
安心の保障制度
対応エリア

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS