富山店へお問い合わせ
雨漏りの修復工事は難しく大工さんや住宅会社でも解決するのは簡単ではありません。大切な住宅の補修工事を知らない業者に任せるのも不安なものです。雨漏り110番富山店のお客様も、みなさん大きな不安を抱えていらっしゃいましたが「試しに連絡してみて良かった!」のお声を本当に多く頂きました。
雨漏りは知らず知らずの内に大切な住宅を蝕んで行きます。少しでもシミやはがれを見つけたら、まずは「無料の現地調査」から!しつこい営業は致しません。お気軽に雨漏り110番富山店にご連絡ください。富山県内対応致します。
110番富山お客様の声

シッカリとした雨漏り診断が出来ない!雨漏りを止める実力の無い業者

ひさしぶりのブログになります。

 

最近は新型コロナウイルスのニュースがとても気になります。

イベントや人が多く集まる企画は軒並み中止です。

知り合いのイベント企画設営会社は、3月の受注がすべて無くなったとか

旅館は3月の宿泊客も例年より少ないのですが、4月の宿泊の予約は全く無いとか

この先の経済の先行きが不安視される状態です。

今年は東京オリンピックもありますから、早く感染拡大が終息に向かってほしいですね。

 

さてさて、ず〜っとブログが停滞してました。。。

基本職人という人種は、現場が忙しくなると現場に集中してしまう!

いや現場が大好きなので「現場が忙しい!」を理由に、机を前にする仕事から逃げてしまうのです。(笑)

 

前書きと言い訳はおいといて今日の本題に入ります。

シッカリとした雨漏り診断が出来ずに雨漏り修理を施工する雨漏り修理専門を謳う業者がいます。

富山でいえば、「富山雨漏り修理」で検索するとトップページでお金をかけて目立つようになってますから、雨漏りして動揺していると多くの人が問い合わせしてしまうと思います。

その雨漏り修理グループ(グループ名の頭に日本と入っているが全国に4〜5社くらいのグループ)は

信念の一つに再雨漏りをさせないため徹底・・・ありますが「何故再雨漏りをするのか?」の理由は記述してありません。精神的なことしか記述してなく、科学的な説明はありません。

 

雨漏りには4タイプに分類されます。(日本唯一の診断士認定期間、NPO雨漏り診断士協会により)

1、単一雨漏り  1ヶ所の浸入口から雨水が入り、1ヶ所の浸出口で雨水が浸出している           2、複数浸出雨漏り  1ヶ所の浸入口から雨水が入り、複数の浸出口で雨水が浸出している

3、複数浸入雨漏り  複数の浸入口から雨水が入り、1ヶ所の浸出口で雨水が浸出している

4、創発雨漏り  複数の浸入口から雨水が入り、浸水経路も複雑、複数の浸出口で雨水が浸出している

再雨漏りする雨漏りのタイプは3と4の雨漏りタイプが殆どです。

以下の写真は、お客様に雨漏りを分かりやすく説明するときに使用する、雨漏り110番専用の説明書です。

 

20,

 

 

またその修理グループは「雨漏り診断を無料で行う!」とも豪語しています。2〜4時間のかけた調査が「徹底的な調査」と謳っていますが、高層な建物はまず難しいでしょうし、RCの場合は散水して赤外線などを使って調査しないと診断することが難しい場合もありますので2〜4時間の調査では難しいでしょう。

ましてや上記の複数浸入雨漏りや創発雨漏りのタイプだと、2〜4時間の調査ではシッカリとした雨漏り診断は出来ず、再雨漏りしてしまう施工になることは明らかです。

 

当社で昨年の10月に4階建の鉄骨造ALC外壁の建物の雨漏り診断と調査を、近畿圏の雨漏り110番のリーダー坂元氏と、雨漏りでは第一人者の玉水先生(住まいの雨仕舞い、その他複数著書あり)を大阪からお呼びして、3日間かけて調査と雨漏り診断をして、それを基に報告書を作成するという案件がありました。

それだけ我々雨漏り110番や、雨漏りの第一人者の方々の間では、シッカリとした雨漏り診断や調査をすることは重要だという認識なのですが・・・

 

ひさしぶりのブログがこんな内容なのは、ある雨漏り修理専門業者に腹ただしい思いをしたからです。

その修理専門業者が修理したお宅の雨漏りが止まらなく、雨漏りが止まらないことを連絡して2回は対応してくれたのですが、3回目からは「行きます」という返事だけで対応してくれなくなったとのこと。

当然お客様は傷心されましたが、傷心してばかりもいられず

大変困られてあげく当社に「雨漏りを止めてほしい」と連絡をしてこられたという。

 

結果的に中々止まらない雨漏りは、指で指示したヶ所に散水して20秒で雨漏り再現しました。

 

20,2,2720,2,27

 

 

また、修理専門業者が修理したベランダ側面は恐らく雨押さえ水切りの中も触ったはずですが・・・

何故かその雨押さえの水切りの中のルーフィングが立ち上がっていなく、そこからも雨水が浸入していました。

 

20,2,27

 

 

結論から言うと雨水浸入口は3ヶ所あり、それは散水調査をして天井裏にあがり分かったことでした。

お客さんも知らなかった雨水の浸入を確認できましたし、我々も天井裏に上がれたから3ヶ所の雨水の浸入を確認できたのでした。

先ほど述べた雨漏りの分類で言えば、創発雨漏りですから一番難解な雨漏りと言ってもいいかもしれません。

そんなことで言えば、雨漏り修理専門業者でも簡単な診断をして特定もせずに、雨漏り修理をしても雨漏りが止まらないのも頷けますね(笑)

ちなみに現場は婦中町下轡田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ今台風19号の雨漏り被害の対応に備えてます!

おはようございます。

 

富山県内での台風19号の暴風や大雨は、12日土曜日の午前中から深夜まで影響を与えてた感じです。

半日以上暴風雨が続いたのは、ここ数年無かったかと思われます。

現在事務所で雨漏りの対応に備えて待機しています。

 

事務所の屋根や外壁に何か破損がないか確認しましたが

2Fの屋根瓦が破損しているように見えるのでこれから屋根に上ってみようと思います。

 

富山県内の台風被害はこれから出てくると考えております。

御自宅の屋根など気になさってる方も沢山おられると思いますが

まだ大雨警報が出ている市町村もあるので

くれぐれも無理なさらずに私たちのようなプロにお任せください。

 

火災保険で風災害もかけてある保険でしたら保険で修理することが可能ですので

保険で修理する御相談にも受け賜りますので

安心して御相談ください。

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願いいたします。

 

昨年は忙しくというか、ず〜っと忙しいので理由にはなりませんが

HPの更新がかなり滞っていました。

実に1年ちょっと経過しての更新になります。(苦笑)

今年は何とか事務所での時間を作るようにして

HPの更新をして情報発信をしていきたいと考えています。

 

 

さてさて、新年も7日が過ぎて当社は今日から始動しました。

始まりはバタバタした状態はなく、どちらかというとヒマです。

スタッフも半々に分かれて、現場と倉庫の片付けをしています。

まあ、こんな状態も今だけだと思いますが。。。

 

昨年は「職人不足」が本当に露呈し始めた年でした。

「きつい、きたない、きけん」から

全産業の中でも一番最初に人手不足になっていった建設業界。

いずれ深刻な状態になるのが分かっていながら、手を打てずにズルズルときて

昨年の「職人不足」で工事が全く進まない状態になりました。

雨漏り修理もですが、新築でもいろんなビルダーの現場でそんな状態になっているのを聞きました。

それに対してまだ手を打ち始めていないので、今後ますます深刻になっていく問題でしょう!

 

社内の年始の話でも

今後の建設業界の時流にどう変化していくかを話し合い確認しました。

 

今年も春には新卒が入社してきます。

業界の先輩として、魅力ある業界作りをして後輩に繋げていきたいと

思う年始でした。 by中陳

 

雨漏り110番技術班・監修本「雨漏り事件簿」が出版します!

雨漏り110番技術班が監修の「雨漏り事件簿」が出版されることになりました。

 

17,12,26 2

 

日本建築協会が企画で

建築関連や雨漏り関連の専門書を数冊出版していて、雨漏り診断士協会では技術研究所 所長の玉水先生と、我らが雨漏り110番代表で日本建新株式会社代表の唐鎌さんが共著。

それに雨漏り110番と日本建新株式会社 技術統括本部長の久保田さんを始め、雨漏り110番技術班が監修になります。

 

今回の出版もそうですが、少しずつ学会やメディアや他の専門書からも注目や依頼が増えてきている雨漏り110番です。

責任が大きいですね。

 

久しぶりのブログです。(苦笑)
 

富山市草島 雨漏り補修シーリング 2月になりました。 

2月になりました。

むこう1ヶ月以上先の天気予報では

気温が高くなるようなことを言っています。

酷い寒波もあまり無さそうらしいです。

 

1月はタイミング悪い天候状態が続き

工事予定なり、工事の進捗状況なりかなり狂いました。。。(泣)

 

2月は都合の良いほうを信じてですね

予定を立てていきたいと思います(苦笑)

 

雨漏り調査や現場調査のほうも結構たまってきてます。

特に「2連ハシゴで屋根の上に」っていう調査がたまってきています。

雪も大分融けてきているので

今週末くらいはチャンスかもしれないですね。

 

 

さてさて、社員は富山市草島で去年末に施工した

雨漏り補修シーリングです。

 

当社は、国家資格を持ったシーリング技能士が、スタッフにいます。

雨漏りに対してシーリングはあくまでも補修です。

根本原因を解決せずに雨漏りを止めるのですから、シーリングが劣化すると雨漏りが再発します。

が、ご予算の関係で、それを承知でご依頼される方がいらっしゃいます。

そんな場合でもお受けいたしますし、シーリング補修でも、施工方法で少しでも長持ちするように努力いたしております。

今のところ再発した問い合わせはありません。

 

雨漏りブログ17,2,1

 

 

 

 

雨漏り110番富山店へお問い合わせ
富山県の対応エリア 朝日町(下新川郡)、射水市、魚津市、小矢部市、上市町(中新川郡)、黒部市、高岡市、立山町(中新川郡)、砺波市、富山市、滑川市、南砺市、入善町(下新川郡)、氷見市、舟橋村(中新川郡)富山県内全域
満足度90%以上のお客様の声
雨漏り110番のサービスラインアップ
ホームへ
お客様の声
ニュース
雨漏り110番富山ガイド
サービス内容・料金
施工事例
Q&A 良くある質問
雨漏り隊ブログ
運営者について
雨漏り110番本部
工事の流れ
安心の保障制度
対応エリア

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS