富山店へお問い合わせ
雨漏りの修復工事は難しく大工さんや住宅会社でも解決するのは簡単ではありません。大切な住宅の補修工事を知らない業者に任せるのも不安なものです。雨漏り110番富山店のお客様も、みなさん大きな不安を抱えていらっしゃいましたが「試しに連絡してみて良かった!」のお声を本当に多く頂きました。
雨漏りは知らず知らずの内に大切な住宅を蝕んで行きます。少しでもシミやはがれを見つけたら、まずは「無料の現地調査」から!しつこい営業は致しません。お気軽に雨漏り110番富山店にご連絡ください。富山県内対応致します。
110番富山お客様の声

立山町浅生 サンルーム屋根ポリカの雨漏り シーリング工事

うーん、梅雨ですからね〜

仕方ないのですが、相変わらず予定が組みにくいです。。。

 

って、前回のブログで愚痴は言わないって言ってたんですけど。。。(苦笑)

明日は一日晴れるらしいので、有意義な工程を組みたいと思います。

 

 

さてさて、写真は立山町浅生の屋根ポリカの雨漏りです。

シーリングで雨漏り補修を施工しました。

現調で、オキシムタイプのシリコンでポリカの雨仕舞いヶ所を

シーリングしてあったり、変性シリコンで補修してあったりしました。

なぜこのようなことを書くかというと

ポリカはアルコールタイプのシーリング材でないと、剥離してしまうからです。

当然、剥離してしまうと雨漏りしてしまいますよね。

 

よく簡単に「シーリングすれば雨漏りが止まる」と安易に補修方法を決めたり

補修したりしている話を聞きますし、現調しにいったときでも

そのような補修を見ます。

ですが、たとえ補修でもシッカリした知識の元

正しい材料で正しい方法で施工したいものですね。

分かられずともプロとしてはね。

 

雨漏りブログ16,6,30

高岡市清水町 RCマンション屋上防水工事

気がつけば6月も25日と後半、もうすぐ7月です。

梅雨は真っ最中で、天気予報がころころ変わるので

お約束ですね、工事の予定が立てにくい状況です。。。(涙)

屋上防水や屋根工事はぜんぜん進まない感じですかね。。。(涙)

 

あとこの先の数ヶ月の予報なんか聞いていると

高温や猛暑などと言ってますから頭が痛いですね〜

暑さや熱中症対策をシッカリしていかなければいけません。

 

う〜ん、久しぶりのブログなのにネガティブ内容になってしまい

申し訳ありません。

天気仕事で、どうしても天候の内容になるとネガティブ内容になってしまいますので

だめですね〜、アカンアカン。(苦笑)

 

 

さてさて、写真は高岡市清水町でRCマンションの屋上防水工事です。

そこそこ大きい屋上ですので、一ヶ月くらい工期がかかりました。

梅雨前に完了しましたが。

 

雨漏りブログ16,6,25

富山市高木 企業様工場屋根 雨漏り補修シーリング

6月に入りました。
もうすぐ梅雨入りです。
最近では暴風影響の、問い合わせも減り
一時の殺到した状態も落ち着いた感じですが
屋根に不具合があっても、おそらく気づいていない方も多いと思われます。
それが梅雨に入り、多雨が降り続くと雨漏りし始めます。

例年の傾向として、4月の暴風により屋根に不具合が起こり
気づかれた方は屋根を修理されますが、気づかれなかった方は
6月の梅雨の雨により雨漏りし始めて気づかれる。

8月や夏の高温により、屋根や外壁に不具合が起こり
台風や11月の暴風雨により雨漏りし始める。

2パターンが多い傾向ですので、心配な方は梅雨入り前に
屋根の点検をお勧めします。

さてさて、写真は富山市高木で施工した
某企業様工場の、折板屋根の雨漏り補修工事です。
看板と折板屋根の取り付け部分下で雨漏りしています。
折板屋根はリペイントしてあり
取り付け金具ごとリペイントしてあることから
取り付け金具内での錆穴を想定して
まずはシールでの補修で様子を見ることにしました。


雨漏りブログ16,6,1

砺波市苗加 雨漏り修理、アパート屋根の瓦工事

雨漏りの問い合わせや、暴風対応の問い合わせなどで
何かと忙しい状態が続いています。
沖縄や九州南部は梅雨入りしたらしく
最近の問い合わせも「梅雨が来る前に〜」と言われる方が多くなってきています。

施工する立場の我々も、梅雨入りを意識して施工しておりますが
思った以上に暴風影響が凄まじく、まったく思うように進まないのが現実であります。

まぁ、一つ一つですが頑張って進めていきます。

とブログを書いている最中にまた1件問い合わせがありました。。。(汗)
嬉しい悲鳴ですね。(笑)

さてさて、写真は砺波市苗加で施工したアパートの雨漏り修理
屋根瓦工事です。
正確に言えば、棟瓦の積み直しと締め直し。
谷の銅板をカラーステンレスの谷板に交換する工事です。
谷銅板に穴が空いての雨漏りと、暴風被害の修理です。
昨日完工しました。

一つ一つです。


雨漏りブログ16,5,19

富山市永久町 暴風破損の屋根板金復旧工事。

本日5月15日の日曜日ですが
雨漏り110番富山店は動いております。
暴風対応もですが、普通に雨漏りのお問い合わせもあり
会社としては完全に休みの日とはなりません。
ありがたいお話ですが、落ち着く暇がありません。
スタッフ一同、少しでも仕事を捗らせて次のお問い合わせに対応するために
頑張っておりますが。。。
やるしかないですね。(苦笑)

さてさて、写真は富山市永久町で工事した
暴風破損の屋根板金復旧工事です。
4月17日、まさに暴風中に「屋根が飛んだ!何とかして欲しい!!」
とのお問い合わせに、その日にブルーシートで応急処置をしたお客様の屋根です。
お待たせしたしたが、先週やっと終了いたしました。


雨漏りブログ16,5,16


最近暑い日が続きます。
夏日の日もありますし、これからますます暑くなりますが。
頑張って雨漏り修理工事を進めていきます。
じゃないと進んでいきませんのでね。。。(苦笑)

 
雨漏り110番富山店へお問い合わせ
富山県の対応エリア 朝日町(下新川郡)、射水市、魚津市、小矢部市、上市町(中新川郡)、黒部市、高岡市、立山町(中新川郡)、砺波市、富山市、滑川市、南砺市、入善町(下新川郡)、氷見市、舟橋村(中新川郡)富山県内全域
満足度90%以上のお客様の声
雨漏り110番のサービスラインアップ
ホームへ
お客様の声
ニュース
雨漏り110番富山ガイド
サービス内容・料金
施工事例
Q&A 良くある質問
雨漏り隊ブログ
運営者について
雨漏り110番本部
工事の流れ
安心の保障制度
対応エリア

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS